【別誂え 加賀友禅 花嫁のれん】

 平成26年
 石川県(東京都)
 佐野 称子(かなこ) 様
 (旧姓 越岡)

 御名 : 「懐く(いだく)」
 製作 : 意匠 凛

*幼少期を過ごされた東本願寺から、
その後を暮らしたご実家である
淨泉寺までをひとつの
庭園のように描き、
称子様の歴史を辿りました。


想い出深い渉成園の臨池亭には
枳殻の花が咲き誇り、



















淨泉寺には桔梗の花=ご家族
が鮮やかに揺れ、
また、お父様は大きな愛で
いつまでも見守ってくださります。




















流れるような熨斗には、ご縁あって
結ばれたお二人の出会いからの軌跡と、
これまでとこれからと
巡り繰り返される四季を
「春の蘭、夏の竹、秋の菊、冬の梅」の
四君子によって表しています。
加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

お二人が共に過ごした小学校・中学校・高校の校章をさりげなく入れました。


お名前には誕生花の
「アカツメクサ」を添えて。
花言葉は「豊かな愛」。
幸福のクローバーが称子様を
お守りいたします。

称子様、御尊家皆様の末永くの
ご多幸を心よりご祈念申し上げます。

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え



トップページへ戻る