【別誂え 加賀友禅 花嫁のれん】

 平成26年
 静岡県(大阪府)
 三觜 咲(みつはし さき) 様
 (旧姓 春名)

 御名 : 「奏春の郷」
 製作 : 意匠 凛

*二つの貝桶を
宝相華唐草(ほうそうげからくさ)が彩り、
茜色の空には幸運の
花喰い鳥(はなくいどり)
(=翡翠(かわせみ)が
今まさにその想いを伝えようと
飛翔する場面です。

二つの貝桶には新婦・咲様のお母様の
故郷である石川県の兼六園と、
これからお二人が新しい生活を迎える
静岡の富士山が、また、
この二つの貝桶は幸せが
幾重にも重なるように輪島塗の
蒔絵のように表現されております。
貝桶は貝合わせの蛤(はまぐり)をしまい、
対になる貝を違えないところから
夫婦和合の象徴です。

そして右下隅の二枚の蛤には
それぞれ新郎・健太様の誕生花の
トルコキキョウと咲様の誕生日に因んだ
コスモスが描かれております。
また、その隣の黄色と水色のお名前は
咲様ご自身による
彩色(さいしき)(=友禅)です。





















宝相華唐草と共に咲く大輪の牡丹は
咲様のお母様のお好きなお花。
そして、たわわに実る葡萄は
子孫繁栄のしるし。
これら花喰い鳥・宝相華・
牡丹葡萄唐草は飛鳥・奈良時代に
起源を持ち
「天平文様(てんぴょうもんよう)」と
呼ばれます。
まさに、春名家の故郷である
奈良の天平がこの度の物語の
背景となっております。
加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え


こうして紡いだ皆様の原風景が描かれたこの花嫁のれんには、
咲様のお父様により「奏春の郷(そうしゅんのさと)」と名付けて頂きました。



トップページへ戻る