【別誂え 加賀友禅 花嫁のれん】

 平成23年
 石川県 勝木 恵子 様
 (旧姓 冨田)

 御名 : 几帳さざ波文
 家紋 : 梅の枝丸に蔦
       (*梅の枝丸は創作)
 製作 : 意匠 凛

この度の婚礼を寿(ことほ)ぐ二枚の
几帳の間を、御両家を表す千鳥たちが
双方から集まり、同じ未来へ列を成し
羽ばたく様子です。

几帳の裏地には今まさに可憐に咲く
三花が描かれています。
(左から)

花言葉は
金木犀(きんもくせい)…真実







藤袴(ふじばかま)…優しい思い出













石蕗(つわぶき)…謙遜

この度のご縁により、
真の出会いに結ばれたお二人は、
輝く思い出と共に一層明るい未来へ、
どなたからも敬愛される家庭を
築かれますように。







赤い几帳には冨田家の
益々の発展を願い、
神前に供えるお酒が入った
「瓶子(へいし)」が染め抜かれています。










波文様と連峰の景色は
嫁ぐ土地へ想いを馳せ、
佐々波を意味致しております。











五色に紫を加えた六本の組紐は
東西南北の四神(しじん)が
お二人の新しい生活を
御見守り頂けますようにと、
躍動する様子です。









恵子様、御尊家皆様の
末永くのご多幸を心より
ご祈念申し上げます。
加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え

加賀友禅・花嫁のれん:御誂え


花嫁のれんを背景に。 加賀友禅・花嫁のれん:御誂え



トップページへ戻る