羽織紐いろいろ 

羽織の季節になりました。
羽織は「紅葉の色づく頃から桜の咲く頃まで」と言われています。四季の移ろいを大切にする日本ならではの表現が素敵ですね。季節の移り変わりに敏感になることも、着物の醍醐味ではないでしょうか。

さて、羽織といえば羽織紐が必須。羽織紐にもいろいろ、結び方もいろいろ。
いくつかご紹介いたします。

羽織紐 凛屋
丸組の羽織紐で『もろなわ結び』
いわゆる蝶結び。丸組の紐の場合の最も一般的な結び方です。

 

羽織紐 凛屋
平組の羽織紐で『叶結び』
石畳、市松結び、とも言います。
市松の羽織紐を市松結びにしてみました。スッとした軽快な印象に。

 

羽織紐 凛屋

羽織紐 凛屋

『マグネットタイプ』
こちらは天然石のマグネットタイプで、乳に付ける部分もカニカンフックで取り付けも簡単!マグネットを外すだけなので羽織の着脱も楽チンです。

 

羽織紐は帯周りの小さなお洒落。
いろんなタイプを付け替えて寒い季節を楽しみたいですね!

 

*******************************

<きもの処 凛屋(りんや)>
金沢店(お問合せはこちら) 石川県金沢市茨木町56-3 鞍月舎1F
TEL 076-254-0440

七尾・一本杉本店  石川県七尾市一本杉町8番地
TEL 0767-52-3700
http://www.kd-rinya.com
加賀友禅 花嫁のれん おしゃれ着物 しみ抜き 草履ぞうり修理
呉服のことなら きもの処 凛屋

*******************************