氷室の日

氷室の日 氷室饅頭

7月1日は『氷室の日』。

藩政時代、旧暦の6月1日(現在の7月1日)は、加賀藩主が徳川将軍家に天然の氷を献上する日でした。冬の間に氷室(ひむろ)とよばれる小屋に氷雪を入れて、何ヶ月も貯蔵し、暑いこの時期にできるだけ溶かさないよう、むしろと笹の葉に幾重にも氷を包み桐の長持ちに入れて、加賀から江戸の長距離を運んだそうです。
氷室から運び出された氷雪が無事江戸に届くようにと神社にお饅頭を供えて祈願したことから、町民たちもこの日は氷の代わりに饅頭を食べる風習ができました。

暑い夏を前に無病息災を願う、金沢独自の風習・食文化です。
金沢市民はみんなそれぞれのお気に入りの和菓子屋さんで、予め予約をしたり朝から買いに出かけたりなどして氷室饅頭を購入し、ご近所や職場など配りあったりしています。自分も買い、人からもいただいたりするため、いろんな和菓子屋さんの氷室饅頭を食べ比べられるのも楽しみの一つ。

金沢は梅雨が長く例年なかなか明けないのですが、氷室饅頭を食べると「あぁ~夏本番が来たなあ」といった気分になります^ ^
こういった伝統行事・風習を大切に継承していきたいものです。

 

 

*******************************

<きもの処 凛屋(りんや)>
金沢店(お問合せはこちら) 石川県金沢市茨木町56-3 鞍月舎1F
TEL 076-254-0440

七尾・一本杉本店  石川県七尾市一本杉町8番地
TEL 0767-52-3700
http://www.kd-rinya.com
加賀友禅 花嫁のれん おしゃれ着物 しみ抜き 草履ぞうり修理
呉服のことなら きもの処 凛屋

*******************************