月別:2018年7月

富久紗を掛軸飾りに  袱紗 ふくさ

ふくさ 掛軸飾り

「富久紗(袱紗・ふくさ)」といえば? 茶道に使うアレや、金封を包むときのアレなど、小さめの絹布のを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 茶道で用いられる袱紗は「帛紗」と書き、金封を持参する際に使 […]

雪駄のはなし

雪駄 男着物

↑↑ 雪駄の裏底の尻鉄。左が「テクター型」、右が「馬蹄型」   殿方が和装のときの正式な履物「雪駄」ですが、「雪駄」の定義とは如何に? 雪駄は草履の一種で、竹皮草履の裏に皮を貼り、その皮底の […]

大きめバッグ

帯地バッグ 和装

和装のバッグといえば利休バッグが多いですが、荷物の多い方には、このくらいの容量大きめのトートバッグが重宝しますよね。 こちらのバッグは、深川鼠や鳥の子色といった渋めのお色がグラデーションに織られた帯地 […]

氷室の日

氷室の日 氷室饅頭

7月1日は『氷室の日』。 藩政時代、旧暦の6月1日(現在の7月1日)は、加賀藩主が徳川将軍家に天然の氷を献上する日でした。冬の間に氷室(ひむろ)とよばれる小屋に氷雪を入れて、何ヶ月も貯蔵し、暑いこの時 […]